東京の貸事務所で事業をスタートさせる

小規模で事業を運営、軌道に乗せるためには限りある資金を有効活用していくことが重要となりますが、事業に適した立地に事務所を構えるだけで相当のコストが必要となってきます。東京の都心部での事業には事務所を新設するよりも貸事務所として契約したほうが初期コストを抑えられる分その後の事業拡大に有利、小規模運営ならなおさらです。東京で事務所を借りる際に注意しておきたいポイントは契約、移転手続きには慎重になる必要があるということ、契約内容には退去時の原状回復費用についても記載されているので確認しなかった場合思わぬ出費に痛手を被ることになります。契約時に賃料、原状回復費用以外にも電気料金というコストには注意する必要があります。賃料と同じように毎月発生するコストなのですが、一般的な電気料金よりも単価が高くなるケースが多く年間を通してみると大きな負担へとつながりやすいためよく確認しましょう。

若手実業家に嬉しい東京の貸事務所

交通アクセスの利便性、人口密度、最先端の情報交換が可能など、東京は事業を起こす拠点として打ってつけの環境です。それだけに企業の競争率、地価も高く新規に事業をスタートさせたい若手実業家にはコスト的に手を出しづらい場所とも言えますが、貸事務所というスタイルを取ることで初期コストを大幅に抑えることが可能になります。資金繰りに苦労しやすい事業をスタートさせたばかりの若手実業家にとっては初期コストを抑えられることは非常に重要なメリットで、その分を人材獲得や設備、システム搭載、事業に適した内装への変更費用に充てることで東京のような都心部だけでなく地方で短期間事業を運営する場合にも貸事務所は有利となっていますが、退去時の建物修繕にかかる費用、いわゆる原状回復費用がコストに上乗せされることも想定しておくことが大切です。

東京で貸事務所を探す際のポイント

東京で貸事務所を借りる際に注意しておきたいことは契約内容の詳細を確認し借りるための賃貸借契約には慎重になる必要があるということ、その際に契約に関してある程度の知識を持っておかないと契約内容をイマイチ把握できない、さらには相手のペースで契約が進んでしまい不要なオプションを追加させられ費用の負担が大きくなることも考えられます。机や椅子、パソコンにその他室内設備など賃料以外にかかるコストにも目を向ける必要があります。必要な設備が無料で備えられている貸事務所も多いので立地条件や周辺環境と折り合いを付けつつ探してみましょう。事業を新規展開させたばかりの若手起業家にとってはいかにコストを抑えられるかが理想のスタートを切るための鍵となってくるため、少しでも賃料の低い貸事務所を探しつつランニングコストを抑える努力も大切となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です