貸事務所は東京のような大都会がいいのです。

貸事務所は東京のような大都会がいいのです。そういうことだと思うんです。東京には数多くの会社があります。事務所も多いのです。しかし、自社で持っているところも多いと思っています。実際には、そのことで負担になっている会社も多いと思うんです。そういう時には借りることでかなりの負担を軽減できるのです。もちろん自社物件というのは非常にステータスを感じる部分だと思うのです。しかし、それにこだわっていると、なかなか費用の削減にはならないことがあるのです。そういうことをしっかりと認識して十分に考えておくことが大事になってくるのです。借りることで自社物件に比べてかなりの違いが出てくること間違いないのです。自分の会社の事務所がもし自社物件で合った場合には、費用的なことを十分に考えて損のない運用をするべきなのです。それが大事です。

東京で貸事務所を借りるメリット

小規模人数で事業を運営、管理していくのであれば必要なスペース分だけを間借りできる貸事務所が最適です。東京のような都心部で事業を起こすとなると建物代、土地代と拠点を構えるだけで莫大なコストがかかってしまいその後の運営、経営を上手く軌道に乗せられない可能性も出てきます。貸事務所であれば土地代、建物代は不要で賃料のみで拠点を構えられる、都心の一等地で事業を起こすことも夢ではなく事業のステータスアップにもつながります。初期コストを抑えられる反面、維持運営していくためのランニングコストが嵩みやすいというデメリットもあるため短期利用が望ましいでしょう。事業を拡大するのであればその都度最適な環境の整えられている場所へ移転するのも良いですが、退去時に原状回復費用のかかる貸事務所も多いので契約前に確認しましょう。

東京で事業を起こすなら貸事務所が最適

東京で事務所を新設するよりも貸事務所として賃貸契約を結んだほうが初期にかかるコストを比べてみても圧倒的に賃貸スタイルの方がその後の事業経営に有利となります。事務所を新設するとなると建物の建築費用、土地購入費用を始め事業に必要な設備やシステムなどあらゆるコストを必要とします。賃貸事務所というスタイルなら予め建てられている事業に適した立地のオフィスやビルを選定し賃貸借契約を結び移転手続きをするだけです。契約自体をスムーズに行うことが出来ればその日のうちから事業をスタートさせることも可能ですし、必要なシステムや設備も整えられているので揃えている人材を手持ち無沙汰にさせず最大限活用できます。事業を拡大するために別の事務所へと移転したい場合にも簡単な手続きを済ませ契約を解除、既に目星を付けている貸事務所と契約しておけばすぐにでも事業をスタートできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です